日が暮れるのが早くなり、夜の時間も長くなる。しっかりと睡眠をとれているでしょうか。現代人は日中ばかりではなく夜遅くまで
働く。睡眠不足になりやすい。
1 睡眠時間の長短は人それぞれ。6時間が短い 8時間が長いのではなく、日中眠額なるかどうかである。
  加齢とともに必要な睡眠時間は短くもなる。
2 寝る前はリラックスタイム
  刺激物を避ける。カフェインは就寝4時間前避けること。喫煙は1時間前まで。よき眠りはよき習慣から
  軽い読書はおすすめ。ぬるめの入浴 軽めの運動
3 ねむなくなってから寝る。眠ろう眠ろうとする意識が逆効果となる。かえって寝つきが悪くなる。
4 寝る時間よりも起きる時間を一定
 早寝早起きではなく、まずは早起き 休日の寝だめはブルーマンデーになってしまうので要注意

5 目が覚めたら即日光を スイッチオン

6 規則正しい3度の食事 朝はしっかり 夜はあっさり

7 昼寝は15時前の20分
 昼寝が長くなると夜の睡眠に影響する。15時以降の昼寝も夜寝れなくなる。

8 眠りが浅いときこそ、遅寝 早起きに転換
9 これは医療機関に 睡眠中の激しいいびき 呼吸停止 足のぴくつき むずむず
10 十分寝ていても日中眠たい場合 これも医療機関に
11 寝酒は不眠のもと
12 睡眠薬は医師の指示で正しく服用 
参考 厚労省 睡眠障害の対応と治療のガイドライン