7月初旬に賞与支給したとある事業所、半ばに急遽社員が退職することになった。さて、この場合の賞与からの社会保険料の取り扱いはどうなるのかと、
まず、通常の社会保険料について、7月分社会保険料は、その月分の保険料は算定しない。前月6月分の社会保険料を控除することになるが、月末退職となると7月分も控除することになる。前月分を翌月控除方式である。
当然、この方は月半ばの退職で6月分の保険料控除のみとなる。
では、賞与の場合はどうかとなると、退職月に支払われた賞与からの控除はせず、しかし、こちらも月末退職の場合は賞与からの保険料控除される。