男性の育児休業取得が少しずつだが、中小企業にも浸透している。さすがに時代の変化で、「え、男性は取得できない」という
勘違いはなくなっているものの、いざ実際に取得となると二の足を踏むケースも多かった。イクメンという言葉もあり、積極的に
休業を取得しようという機運も出てきている気配である。が、まだまだその日数は遠慮がちではある。
育児休業は男女問いません。育児をする子も実子に限定されません。養子等も含みます。期間雇用者も支給対象となります。と
育児に積極的にかかわる時代、育児なしでは済まない時代です。