すでに算定基礎届の仕組みと残業の関連は、知っている人が以前よりも随分と多くなった。ネット上で、残業は4月~6月にしないほうがいい、という記述が目立つ。そもそも残業が自分の意思で選択可能であれば、一つの知っておくと話のタネになる程度であれば、その通りである。
健康保険・厚生年金の保険料は、基本的に1年に一度見直し、その時期が4月から6月の給与の平均をもとにするからだ。4月に昇給があり、4月~6月の間、多くの会社組織は繁忙期と重なることが多く、これを自分の意思でコントロールできる従業員がどれほどいるのかと思う。
コントロールできるなら、無駄無理をなくすべく、また、全体として4月~6月とはいわず、年間の労働時間の平準化に取り組んでいくことをこの時期保険料の増加削減ではなく、ぜひとらえ直してもらいたい。