以前 天気予報で耳にしたフレーズの中に、『小型で強い台風』というのがあった。昨今の台風は、上陸してもその勢力は衰えず、
大型で強力な台風である。この台風の強さとは、、最大風速による表現だそうだ。『強い』 『非常に強い』 『猛烈な』と分類。大型とは強風域が半径500キロメートル以上から800キロメート俐未満をさし、超大型は800キロ以上をいう。大型で猛烈な台風が来ることを想定し、備えなければならない時代と知る。