チェックアンドバランス
ブログ

本の虫

作家の本棚

作家の本棚といえば、蔵書の数々で、埋め尽くされていると思いがあったが、人ぞれぞれで意外にすっきりしていて驚いたと、ある冊子に紀行文の中のエピソードとして記されていた。その作家の本棚の主は、堀辰雄。 旅先でのこと、その記念 …

舟を編む、言葉を編む

読んでみたいと思っていた本がひょんなことから手に入った。『舟を編む。』なにかを生む出すためには、言葉がいる。と記してある。 そのための辞書編纂のお話である。『人の中にも同じような海がある。そこに言葉という落雷があってはじ …

1980-1989 

平成の日本の経済を振り返る内容の本をこのところ読んでいる。文庫本・新書版と手に入りやすいのも理由のひとつ。なにより改元により、平成の30年間を振り返るという企画が目立つようになっている。 すっかり名前も事件そのものも忘れ …

進化の法則 多様性

久しぶりに科学博物館に行ってきた。哺乳類展公開中。埋め尽くされたはく製は、小さいものからクジラのほっかく見本まで最小様々、頂点に立つものはいない。それぞれ生き抜くために日々必死である。 「 生物は、物理、化学の法則から逃 …

令・・・素晴らしい 

今、話題の漢字。令 日経新聞日曜版4月7日の『遊遊漢字学』には、今話題の『令』の字をひも解く・・・・・・すばらしきかな令・・ 結婚式の席の「令夫人」と記された席カードをみた友人が、「いつもおれに命令ばかりしているから、女 …

思い込み

途中まで読んで、「あれ、著者男性だったの」と、驚く。通称 家庭内『落葉拾い読書』で手にしたこの一冊は、表紙には著者名が記載されていない。もともとはアート関係のブログを出版したもので、ブログ表題のみが記載されていたため、著 …

本の整理

読み終えた本は、①保管 ②寄付 ③推薦本 の 3分類に分けている。読み返すこともあろうかな。また何かしら資料として再読することもあろうかな。寄付は、同窓会活動用といわゆるチャリ本として寄付する本。3つ目は これ面白いから …

突然のメール 寄付その後

ささやかながら、本を通しての寄付活動をかれこれ6年ほど継続している。いつも感心するのは、そのフォローである。下記のような突然のメールが届き、読めばまた贈ろうと思う。 こんにちは。 先日は、陸前高田市立図書館ゆめプロジェク …

1369番目

図書館もIT化がすすみ、貸出の際には、台の上に本を重ねておけばバーコードで一遍に自動的に手続きが済む。さらには、予約システムも構築されwebで済む。話題の本を昨年2017年このシステムで予約した。別の予約本はメールで借り …

英語の謎 

本題、『英語の謎』は、英語を習いだした当初「なぜなぜ」と思いつつも、英語の先生に尋ねれば、「そういうもんだ」という回答が返ってくるのが分かり切っているため、誰しも思っていても、声にあげなかった『謎』を人に歴史あり、言語に …

1 2 3 17 »

過去の記事

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.